リウマチ

関節リウマチの症状その5

また、総合病院の場合は、専属の専門医がいなくても、曜日を決めて出張し
てくれている場合も多いです。もし、朝のこわばりや、指の腫れ、痛みがあ
ったら、是非、膠原病の専門医に診てもらってください。
なぜなら、私が専門医にたどり着くまで遠回りしたからです。最初、自分で
は関節炎だと思って、近所の内科に二回ほど、行きました。痛み止めをもら
ったり、レントゲンを撮影したり、血液検査をしたりしました。
その後、また、整形外科に二回、通って同じような検査をしました。専門医
にたどり着くまで、費用が何万円もかかって、期間は二ヶ月もかかりました。
最終的に、リウマチ因子に陽性が出て、それでやっと、専門医を紹介しても
らったのです。ですから、症状がある方がいらっしゃいましたら、私と同じ
ような失敗はしてほしくありません。
専門医がいても、紹介がないと診てくれない病院と、紹介がなくても診てく
れる病院がありますので、自分で病院を調べて行く場合は事前に確認が必要
です。
関節の腫れや痛みがあったら、自分で判断せずに、早めに受診して、早めに
治療をスタートさせて下さいね。

リウマチ治療も近年でだいぶ進歩したようで、初期段階の人でしたら、薬を
スタートしたらそのまま症状が治まるケースも多いそうです。いかに、初期
段階での治療が大切か、私を見てくれた専門医も最初に語っていました。
とにかく、リウマチ以外の病気もそうですが、身体に不調がある方は、今の
病気をきちんと診断してもらうことが先決です。そして、病名がわかれば、
一刻も早く治療をスタートして、病気の進行を止めることが大切です。
関節リウマチの症状その5